塾講師の資格

塾講師になるために特別な資格などは必要ありませんが、生徒に勉強を教えるには学力がいります。
大学を卒業していて、塾の採用試験を受けて合格すれば塾講師になれます。
ただ、頭の良さと指導力に関連性はなく、教え方の上手な先生が塾講師として望まれます。

有名大学を出ていた方が塾講師になりやすいという説がありますが、これも有名大学を出たからといって教えるのがうまいということもないので、適性があれば塾の採用試験に合格できるでしょう。
ただ、実力があれば、有名大学の方が時給が高いという塾も存在します。

塾の採用試験に、生徒達への教え方を見るために「模擬授業」をさせる塾もあります。
塾講師にとって、コミュニケーション力が高いことは重要です。
塾側は生徒達に人気の高い、面白い授業ができる講師を採用したいと考えています。

声が大きくわかりやすい話し方で、教室の後ろまで声が届くことなども塾講師に必要な資質のひとつです。
また、黒板やホワイトボードに書く文字が読みやすいことも大切です。
生徒の身になって、楽しく勉強できるように教え方に工夫する必要があります。

塾講師の仕事は、授業のカリキュラムを考えて生徒達に勉強を教える以外に、授業で使うテキストを作ることや、定期的に学力テストを実施することです。
志望校への合格を目指す生徒に、受験対策を教えることも塾講師の仕事のひとつですが、自分が教えた生徒が志望校に合格することは、塾講師の大きなやりがいにつながるでしょう。


[Recommend Site]
塾講師の仕事をバイトで行いたい方はこちらの求人サイトで申し込みが出来ます → 塾講師 バイト

Copyright © 2014 塾講師に資格は必要? All Rights Reserved.